デザイン住宅を考える

家が完成する

デザイン住宅が注目されています。デザイン住宅とはデザイナーと家主の話し合いによって作られる住宅で、デザイン性に特化した住宅を指します。 デザイン住宅の歴史は今からさかのぼること50年ぐらい前にその原型がありました。 日本の住宅の変遷は戦後から大きく変わってきます。戦後は住宅供給が間に合わずにとにかく質よりも量、広さよりも量という感じで、狭いけどもとにかく住める場所として公営住宅が大量に供給されました。やがて都心部に人が集まってくると今度は公団住宅が大量に造られます。 高度経済成長期には、より暮らしの質を上げようと一戸建て住宅が流行り始めます。さらに一戸建て住宅でもオリジナルの住宅として注文住宅、デザイン住宅が注目されるようになったのです。

では、デザイン住宅のメリットとデメリットとはどのような点でしょうか。 まずメリットについては、依頼主とデザイナーが徹底的に話し合うことで理想通りの住宅を造ることができる点です。これは分譲住宅や分譲マンションでは決して真似できない点です。それにより、依頼主は唯一無二の住宅を手に入れることが可能になるのです。 一方、デメリットはデザイナーと依頼主ともにじっくりと話し合うために、建設完了までに長い時間がかかってしまうのです。 デザイナーと依頼主の意見がぶつかってしまう場合には、契約が白紙になってしまい、時間がかかってしまうこともあるのです。 また、通常の分譲住宅に比べるとコストがかかってしまい、金銭面でも余裕がないとデザイン住宅を建築するのは難しいのです。

眺めの良い住宅